【ホーチミン・バス】バスの料金・乗り方やBusMapアプリの紹介

市内をタクシーで回ると、日本より安価とはいえそれなりにお金がかかります。GrabCarGrabTaxiを使って1区内周辺での移動だと大体35,000∼40,000ドン(約180~200円)です。(夜や混雑の時間帯によっては50,000∼60,000ドン (約250~300円) になることもあり。)

それでも十分安いですが、もっと安い方法はやはりなんといってもバス!

バスの料金

路線内であればどこまで行っても6,000ドン(約30円)です。子供料金は市民パスがない観光客は大人と同じ料金です。(市民パスがあると3,000ドン)

*バスによっては7,000ドン(約35円)の場合があります。多くはバス内に料金表示がされています。109番線は12,000ドン (約60円) です。2019年5月に値上げしたようです。

バスの車体は新しいものから古いものまでごちゃまぜで走っていますので、古い車体は旧料金の5,000ドンの表示がありますが、これは古い料金ですので6,000ドンを請求されますが、ぼったくりではありませんのでご安心ください。(最初私は知らずにぼったくられていると思ってしまいました。)

バスの時刻表

各バス停の時刻表は、携帯にBusMapアプリをダウンロードすると詳しく見ることができます。

引用:BusMapアプリ

英語設定にしてもベトナム語で表示される部分も。1 phut→1分355met→355mという意味らしい。

このアプリのいいところは、次のバスが何m先にいて、何分で到着する、といった情報がリアルタイムで見れること。地図上でバスが動いている様子が見られます。

実際に使用した感想としては、とても正確です。

Google Mapの路線図

Google Mapでは自分の現在地と最寄りのバス停が青く表示されるので併用すると便利です。(個人的には、Google mapの方がバス停はわかりやすいと思いました。)

乗降したいバス停をクリックすると、以下のようにバス停の名前と、そこに停まるバスの路線番号が表示されます。

引用:Google Map

*ただし、Google Mapのバスの時刻表全く正確ではありませんでしたので、バスのリアルタイムの運行状況は必ずBusMapで確認することをおすすめします。

バスの乗り方

① バス停にはこのような日よけや椅子のあるものや、「Bus Stop」と書かれた標識が必ずあります。そこでバスを待ちます。

②バスの前面には番号が大きく書いてありますので、乗りたいバスがこれくらいまで近くに来たら、手を挙げて「乗ります!」という主張をします。(日本でタクシーを呼ぶときと同じ方法です)

③バスに乗り込んだら、まずは席に着きます。(バスはすぐに出発するので揺れて危ないので)

バスには、運転手と別に、チケット売りのスタッフが乗っています。この写真だと先頭でくつろいでいる緑の服の人です。制服はないのでみな私服で一般人と見分けるのが大変ですが、手に大量の紙幣とチケットを持っています。そしてそのスタッフが席まで来てくれますので、料金を支払います。(6,000ドン/名。場合によって7,000、12,000ドンの場合あり)

料金を支払うと、このような小さな領収書をくれます。

この時に、降りるバス停を携帯などで見せると、バス停が近づくとスタッフが声をかけてくれる場合が多いので、是非伝えてくださいね。

*いずれにしても、携帯でBusMapアプリやGoogle Mapなどを使用できる環境が必要ですので、日本であらかじめ海外で使用できるWifiなどを契約するか、又はSIMフリー携帯をお持ちの方は、空港や街中の中古携帯ショップなどで現地のプリペイドSIMカードを購入して、ネットをできる環境にしておく必要があります。詳しくは【ベトナム・ホーチミン】日本の携帯で現地のSIMカードを利用する方法 をご覧ください。

おまけ

バスに乗ると、毎回車体も車内も新しかったり古かったり、色んな意味で楽しめるのですが、こんな面白い吊革のあるバスに乗ったので、思わず写真を撮りました。カップラーメンの宣伝でしょうか?!

タクシーもいいですが、バスに揺られて街を眺めるのもおすすめですよ。

Follow me!

【ホーチミン・バス】バスの料金・乗り方やBusMapアプリの紹介” に対して5件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です